読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just as a Learner

  さまざまなことを学習していくサイトです

禁煙ふたたび

禁煙

 昨年の1月から禁煙を始め、昨年末までのあいだ、完璧とは言えないまでもほぼ順調でしたが、年明け早々に気が緩んだせいか禁煙維持の決意が崩れてしまい、一日中喫煙するような日が出現しました。

 絶対に常習的喫煙者に戻りたくなかったので、昨年同様、急いでかかりつけ医から禁煙補助薬チャンピックスを処方してもらい内服を再開しましたが、すぐに完全にはやめきれず、途方に暮れていました。

 そんな折、途中で読むのを挫折した『完訳 7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー著)を読み直していたら、次の一節が目にとまったのです。

 あなたが今どんな状況に置かれていようと、習慣を変えることはできる。それまでの自滅的な行動パターンを捨て、新しいパターン、効果性、幸福、信頼を土台とする関係を生み出す新たなパターンを身につけることができるのだ。

 この一節を読んで、禁煙の決意を新たにもつことができました。

 おそらくほとんどの喫煙者は禁煙したいと思っているはずです。しかし、ニコチンの依存性や自分の意志の弱さなどを前提にして「自分にはやめられない」と思い込んでいます。

 依存物質や染みついた悪習慣を断とうとするときに必要になるのは次の二点です。

1.「絶対にやめる」という確固たる意思

2.「自分はやめることができる」という自分自身に対する自信

 禁煙したいと思いながらできないでいる人は、上の第一項目はほぼ満たしていながら第二項目の「やめることができるという自信」が弱いか欠けているようです。私自身、さまざまな本を読み、第二項目をクリアしたつもりでいましたが、今回は焦ってしまいすっかり忘れていました。それを教え直してくれたのが本書でした。

 今年も1年禁煙を頑張ります!