読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just as a Learner

  さまざまなことを学習していくサイトです

Linux標準教科書 1章 章末テスト

記述問題だけ解答します。

 

www.lpi.or.jp

(3)基本ソフトウェアは応用ソフトウェアが動作する際に必要な「部品」を提供したり、ハードウェアという「資源」を管理するという役割があります。(これは本文抜粋です)

(5)応用ソフトウェアを簡単に導入できるようにするために作られたのがパッケージです。蛇足ですが、パッケージを簡単にインストールしたり、アップデートするのがパッケージマネージャーです。パッケージマネージャーについては、下記のサイトをご参照ください。

 

Linuxのパッケージマネージャーを集めてみた

Ubuntu freak パッケージ管理

CUI

 CUIについて

入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ (ブルーバックス)

入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ (ブルーバックス)

 

カーネル…Linuxの中枢部をなすソフト。

シェル…LinuxのCUIを提供するアプリというかソフトというかシステムのことです。

CUIは機能。シェルはその機能を実現するソフト。

 このへんがよくわからない。さらに読み進めると、

「飛ぶ」という機能を実現するのは「飛行機」という機械

「CUI」という機能を実現するのに「シェル」というソフト

 と説明されている。

著者に従い、

とりあえずシェルとはLinuxのCUIのことだ

と思うようにしました。

 あと、

ターミナル…シェルを画面に表示するアプリというかシステムのことです。「端末」とか「コンソール」とも言います。「ターミナルエミュレータ」と言うこともあります。

どの業界も同じことを違う表現使って紛らわしいのは同じなのですね。これについては、

画面を担当するソフト(ターミナル)とコマンドを解釈するソフト(シェル)をあえて分ける(後略)

 という説明がわかりやすかったです。

 

 

 

 

素人の中高年がなんでまたUbuntuを?

 魔が差し続けているのではないかと思います。

 まあ、ずっとプログラミングを学んでみたいと思っていたので、30年越しでやりたいことをやっています。

 

 で、Ubuntuの学習書籍は前に書きましたが、プログラミングについてはまずこれから始めてみようかと思っています。

 

プログラムの絵本 プログラミングの基本がわかる9つの扉

プログラムの絵本 プログラミングの基本がわかる9つの扉

 

  この本の前書きにあるように、

「コンピュータがどういうものか」

(中略)

ハードウェアの基本的なとらえ方

(中略)

初心者がプログラミングを始めるまでの足掛かりとなるようなことがら

 などについてほとんど予備知識がない私には、ちょうど良い本だなと思っています。

 

 と、終わろうとしましたが、寝る前に、アルゴリズムについて基本書籍を紹介しているブログを発見したので熟読しました。

paiza.hatenablog.com

 私の選んだ本も入っていてすごくほっとしました。

Ubuntu 16.04 LTS 再々…インストール補足

 講談社ブルーバックスで、すごくわかりやすい本があったので今月初めに購入しました。

 

入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ (ブルーバックス)

入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ (ブルーバックス)

 

  この本にそそのかされ(表現が悪くて申し訳ありません)、Macbook Pro購入後は全く使っていない、かなーりハイスペックな元WindowsマシンをUbuntu専用機にすることに決めました。再インストールの途中で、Virtualboxを導入してWindows7をインストールしたこともありましたが、バックアップがうまくできないため、たぶん10回くらい試してあきらめをつけ、Ubuntu専用機にしようと決心してからは迷いなく、そしてUbuntuに余りに多くを求めすぎることなくゆっくりと歩みを進めるようになりました。

 

 まだ、全部読んだわけではなく、まだまだ勉強中ですが、いろいろと調べていくうちに、ウェブ上から無料でLinux標準教科書をダウンロードできるサイトを見つけました。ただし、ダウンロード前に個人情報の登録が必要になります(氏名、メールアドレス、居住する都道府県、職業、所属先など。住所や電話番号などは必要ありません)。

www.lpi.or.jp

 これもまだぱらぱらとめくった程度ですが、平易な日本語で書かれています。ただ、「教科書」なので、説明というか表現が、前述のブルーバックスに比べるとかなりシンプルです。両方併せて読むといいかもしれません。これはA4で210ページ強ありましたが、ブラザーのレーザープリンターであっという間に印刷できます。

 

 話がそれますが、実は去年までインクジェットプリンターしか使ったことがありませんでした(PC使用歴約30年間で!!!年がばれる!!!)。某社の複合インクジェットプリンターで誤作動や不具合が頻発するようになり、また、インク代もかなりしますので、考えたあげくこれを購入しました。ちなみに購入したのは昨年の夏です。

 

brother レーザープリンター A4 モノクロ JUSTIO HL-L2365DW

brother レーザープリンター A4 モノクロ JUSTIO HL-L2365DW

 

 

 Ubuntu16.04でbrotherのHL-L2365DWを使えるようにするには、ドライバが必要です。しかし、brotherのホームページ上のHL-L2365DWのドライバをダウンロードしてもうまく設定できませんでした。

 そこで、Linux簡易インストーラーなるものを以下のページからダウンロードして設定しなおしたところ、テスト印刷成功しました![注意点:この簡易インストーラーはHL-L2365DWではない別機種の簡易インストーラーとなっていますが、HL-L2365DWでも問題なくインストールできました]

http://support.brother.co.jp/j/b/downloadend.aspx?c=jp&lang=ja&prod=mfcj850dn&os=128&dlid=dlf100889_000&flang=1001&type3=625

 なお、この設定には以下のサイトを参考にさせていただきました。感謝!

http://cabochua.web.fc2.com/pc007.html

 購入した当初はカラー印刷できなくてさみしい気持ちになりましたが、やはり、今回のように大量のページを印刷する際は、レーザープリンターじゃなければ時間もトナー(インク)代もどぶに捨てるようなものです。内容がカラフルなグラフィック要素がほとんどなければ、モノクロレーザープリンターのほうがいいと思います。お金持ちだったら、カラーレーザープリンターもいいかもしれませんね。

 

Ubuntu16.04LTSのインストール

Ubuntu16.04LTSのインストール

何らかの方法でisoファイルを手に入れます。

入手先:

https://launchpad.net/ubuntu/+mirror/ftp.riken.jp-release2

http://ubuntufreak.net/index.html

何らかの方法でこのisoファイルをDVDに書き出します。

macで書き出すときは以下のサイトをご参照ください。

ディスクユーティリティではなくファインダーを使用して書き出すようです。

https://discussionsjapan.apple.com/thread/10165549?start=0&tstart=0

インストールしたいPCに作成したDVDを入れてインストールを開始します。

あとの手順は以下のサイトに詳しく記載されています。

Ubuntu freak:http://ubuntufreak.net/index.html

 

今日のところはここまで